2002.7.15



所沢織物の取引を円滑にする為に明治22年(1899)頃、所澤の織物買継商が相談のうえ、
金山と坂下(現御幸町)に間口6間、奥行25間の市場(縞座)を設け、三・八の市の日の三の日に金山で取引が行なわれました。

このような関係で金山には多くの有力な織物買継商が集まっていました。

明治35年、金山町以外の織物買継商は5件(仲町・1軒、上町・1軒、下町・1軒)に対し金山町では7店もありました。

これらの商店の増加に伴って、糸商、織物業、染物業及び飲食店も増えはじめました。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO